シングルマザー看護師の可能な働き方は?

シングルマザー看護師の可能な働き方は?

20110602224843-10S.jpg
看護師の仕事をしている人の中には、シングルマザーという人も実はとても沢山いるのです。

もともと看護師の人がシングルマザーになるケースもありますし、シングルマザーになってから看護師の資格を取得する人もいます。

シングルマザーの看護師にとって、良い職場とは、育児に理解がある職場です。

育児に理解のある職場には自然とママさん看護師も多いですから、ママさん看護師のたくさんいる職場を探すと良いですね。

看護師の夜勤勤務には、、独身の看護師が多く従事しているように思われがちですが、実は、シングルマザーもたくさん夜勤のシフトをこなしているのです。

シングルマザーの多くが夜勤シフトをこなしている理由は、夜勤には高額な手当が付くからです。

夜勤勤務をする夜間の子供の預け先さえ確保することができれば、子供が寝ている間に働き、子供が起きている昼間は、子供と一緒の時間を過ごせます。

夜勤には、高額な手当がつくために、出勤日数も少ないのも魅力です。

出勤日数は少なくてもしっかりお給料を稼ぐことができるのです。

つまり、夜勤の仕事は効率よく稼ぐ事ができるのです。

夜勤と日勤を交代でこなすよりも、夜勤専従の場合であれば、夜勤しかありませんから、むしろ生活のリズムが整いやすくおススメです。

身内の協力を得るのが困難であったり、子供の預け先が見つからない場合には、24時間院内保育園のある病院も増えているので、そういった職場選びをすることをおススメします。

院内保育園は、パートの看護師でも利用可能で、夜勤明けの場合であれば、夕方近くまで子供を預かってくれたりと、融通を効かせてくれるのでとても助かります。

シングルマザーであっても、このような制度を利用して、安心して働いてください。

2015年11月10日|