最高の求人との出会い!看護師転職サイトランキング



同期がいないブランク看護師

ブランク看護師って経験がある分、新人よりも色々と悩みが多いものです。

1人1人ブランクの年数や経験も違いますから、職場のスタッフもどこまで分かっているのか?どこまで教えれば良いのか?など混乱してしまいます。

私は自分自身も3年のブランクから復帰した経験があり、その後はブランク看護師や中途採用の看護師の教育係りをしました。

ブランク看護師も中途採用の看護師も同期がいないので、職場に馴染むまでに時間が掛かるようです。

同期がいれば、同じ様に悩みを抱えている事が多いですし、プライベートまで仲良くなり仕事にも張りがでる事もありますが、励ましあう同期がいないのは辛いものです。

同期の存在に救われた方も多いと思います。

私は新人の時は同じ職場に同期が7人いました。

循環器病棟だったので毎日が急変や緊急手術の繰り返しで常に緊張が解けなかったのですが、同期がいたおかげで、休日は一緒にストレス発散に出かけたりご飯を食べに行ったり、レポートも一緒にしましたし、勉強会にも一緒に出ました。

同期がいなかたら多分1年も持たなかったと思います。

ブランク看護師や中途採用の方は、できれば看護師復職支援セミナーなどを行っている病院を選ぶことをお勧めします。

2015年8月15日|

常勤看護師とパート看護師を経験して

新卒で病院の集中治療室で勤務し、結婚後引っ越しすことを理由に退社し、今はクリニックでパート看護師として働いています。比べればどちらもメリット、デメリットあるのですがまず常勤看護師のメリットとしては福利厚生を受けられることが最大のメリットです。だいたいの病院は有休がありますし、夏季休暇がもらえます。シフト制のところが多いので事前に休み希望をとることができるので希望の日にちは休むことができたり、有休を使って長期の連休も可能なところもあります。そして基本給にプラスして夜勤手当や特殊勤務手当、病院によっては地域手当等手当が充実しており給与も安定しています。3交代や2交代制があり、夜勤は大変ですがその代わり夜勤明けは身体がしんどくなければ休み同様にでかけることができたりするので結構得した気分になります。多少合わない人が職場にいても2、3交代ならば毎日顔を合わすこともないので気が楽だったりします。公立の病院であれば公務員として働くことができ、社会的に見ても安定しているので家を購入する際にも信頼してもらえるのでローンをくみやすいです。また女性であれば産休育休をとることができるのは重要だと思います。デメリットはやはり身体的、精神的負担が大きいところです。場所にもよりますが帰る時間も遅くなってしまうことがあります。これはメリットとデメリットどちらもありますが、教育がしっかりしていればその分研修や論文作成、発表があるので大変です。時間外労働も結構あるので疲れます。対してクリニックのパート看護師に限定するのでちょっと比較は難しいのですが、パートだと時間が割ときっちり決まってるので帰りもさほど遅くなりません。病院と比べて保清や処置が格段き少ないので体力的にも楽で、さほど重症な方もこられないので気が楽です。パートだと午前中だけ働くということもできるので午後から子供がいなければジムや習い事に行ったり1日が充実しますし、家事も余裕を持ってすることができるので家庭との両立がしやすいです。ただクリニックだと先生やその奥さん、他の看護師や事務の方など人数が少ない場合があり、人間関係がかなり狭いので合わなければ最悪です。それに曜日でシフトが決まっていれば数少ない中で代わってもらうのはかなり気を遣います。福利厚生は充実していないし、お給料もさほど多くないのでパートだと扶養の範囲内で働く方がいいです。

2015年8月15日|

まさかそんなインシデントが起こるなんて

気管挿管をして人工呼吸器管理を行っていた患者さんを受け持っていた時のことなのですが、身体を保清して挿管チューブの固定を変えて、手の抑制帯もして、安全確認をしてからその場を去り、他の患者さんの対応をしにいきました。しばらくしてから先輩が呼吸器のアラームを聞いて私の患者さんの異変に気付きすぐに部屋に行ってくれたのですが、なんと挿管チューブの固定テープはしっかりはりついてるのに舌で挿管チューブを器用に押し出して先が口の外に出ていたのでした。さっきまで鎮静剤が効いていて保清しても全然動かなかったのにその時は完全に目を覚まされていました。そして、挿管チューブの先が完全に出てしまっていたのですぐに抜いてアンビューをもんで医師に報告して再挿管に至りました。酸素化も全身状態も変化することなくことなきを得たので本当によかったです。いつももし自己抜去の可能性があれば手を抑制したりはするのですが舌を抑制するわけにもいかないので今後の対策に頭を悩ませましたが、結局バイトブロックというチューブを噛むのを予防するものを2個使って固定して舌をなるべく動かないようにしました。後から先輩に聞いたら極たまにそういう器用な人がいるらしいのですが、固定や抑制はしていたのでそれ以上は鎮静剤をよく効かせるしかないとのこと。呼吸器のアラームにすぐに気がついて対応してくれた先輩に本当に感謝です。午前中はスケジュール的に患者さんの保清に入ってしまう看護師が多く、最低リーダー看護師は部屋を見渡せるナースステーションにいるのですがもし気づくのが遅くて酸素化が悪くなり状態が悪化してしまったらと思うと本当にひやひやしました。それからはそれまで以上にアラームに敏感になりました。

2015年8月15日|

私のなりたい看護師像

"私の尊敬する先輩がいるのですが、その先輩はいつも元気で明るくてそばにいるだけで私もとっても元気をもらえる素敵な先輩です。その先輩はいつも「看護は愛だよ」と言っていて実際本当にそれを実感することがありました。私は集中治療室で働いているのですが、高齢の入院患者さんも多いので夜間混乱されてせん妄状態になり、安静を保てなくなり暴れてしまったり、ベットから降りようとされる方が結構います。その先輩と一緒の夜勤の時に、治療上絶対安静なのに「歩いてトイレに行かせてくれ、こんなとこ(ベッド)でトイレなんかするくらいなら死んだほうがマシ!」と憤慨された方がいてどうなだめてもだめで鎮静剤を使わないといけない位かなと思っていたところ、先輩が「どうしたの?代わろうか?」と言ってくださり、その患者さんの横に座りました。かなり興奮していたので殴りかかろうとされていましたが「私は殴られてもいいよ、それより◯◯さんの方が私は心配。大丈夫?ちょっとお茶でも飲んで話しよう。」と手を握りながら優しく穏やかに話しかけました。無理に寝かせようとせず、患者さんの話されることに丁寧に丁寧に答えていました。いつのまにかトイレの話から昔の青春時代の話に巧みにすり替えて、すっかり患者さんも穏やかに話されるようになり、私はびっくりしました。その後時間の許す限りその場にいて手をさすっていたらついには眠りにつかれたのです。本来なら鎮静剤を使ってもいいくらいだったのですが腎機能も悪かったし、できたら薬を使わずに落ち着かせてあげたかったという先輩に私は感動しました。患者さんを思う愛があるからこそ、それは相手に伝わり影響を与える力があるのだと思いました。看護は愛だと語る先輩のように、一緒にいるだけで元気を与え、安心感を持ってもらえるような看護師に私はなりたいと思っています。
"

2015年8月15日|

検診車での仕事は、いつの時期が一番忙しいですか?冬は仕事がほとんどありませんが、他に掛け持ちをしていますか?

検診車での仕事は、4月から11月がメインのお仕事です(^-^)

検診車で回る検診は、市町村で行われる基本検診、事業所などを回る事業所検診、学校を回る学校検診が中心の仕事です。

これらの検診は、4月からスタートし、夏休み前までに学校検診はほとんど終わります。

だから、4月から7月までが一番忙しい時期ですね(´・Д・)」

学校検診は、夏休み以降も若干ありますが、ほとんどないため、学校検診に回っていた職員は他の検診に回ります。

だから、8月はスタッフに余裕があるため、子供と一緒に夏休み期間は仕事を入れないというママさんナースもいるんですよ(*^_^*)

仕事をしているのに、子供の夏休みに一緒に休める職場って、そうそうありませんよね。

他のナースも、お盆は1週間以上の休みが取れるんです。

秋になると、仕事量はぐっと減ります。

春先に比べると仕事が半分ほどになるナースもいます(´・Д・)」

検診車の仕事は、冬場の仕事はほとんどありません。

冬場の過ごし方はそれぞれですね。

冬場だけクリニックのパートをしているナースもいます。

冬場は風邪やインフルエンザが流行するため、クリニックも混み合います。

夏場はクリニックは患者さんがすくないですから、冬場だけのパートは大歓迎のようです(^-^)

中には、年中ダブルワークをしていて、冬場は他の仕事を増やしているナースもいます。

他の職場に完全に転職するナースもいます。
検診の仕事をするナースの中には、子育てをひと段落させてブランクから復帰しているナースなどもいます。

常勤やパートで働くことの出来るナースも沢山いるため、口コミの求人も多く集まってくるのです(-_^)

だから、そういった紹介で他の職場にしっかり就職するというナースもいますよ。

私は、冬場は他の派遣の仕事を増やしています。
いずれ、子育てがひと段落したら、年中しっかり働ける常勤で働きたいと思っていますがねo(^_^)o

2015年8月 5日|


自動相互リンク集 ケーキ・和菓子 EARTH フラッシュサイト石見百景 インターネットFAX